パーソナリティー

第1週担当 井口 良佐

iguchi青山学院大学ブルーグラス・バンド「ブルーマウンテンボーイズ」でバンジョー&ボーカル担当。卒業後S41年よりキングレコードディレクターとして勤務。担当歌手:上條恒彦、マーク・レスター、芹洋子、丸山圭子、近田春夫、BUZZ、麻倉未稀、小田陽子、鮎川麻弥、紙ふうせん、ペギー葉山、岸洋子、寺内タケシ、白鳥英美子、井上あずみなどなど
ゼータ・ガンダム、ファイナル・ファンタジーⅨ等の主題歌、「スチュワーデス物語」「スクール・ウォーズ」などの主題歌担当
制作作品などHP<昭和音楽市場>に紹介。
リタイヤー後ブルーマウンテンボーイズ2として時々演奏活動。

第3週・第4週担当 西川 進

nishikawa・誕生日:7月9日
・出身地:滋賀県近江八幡市

「感情直結型ギタリスト」の名の元、
独創的かつ存在感のあるギタープレイで「西川進」という独自のジャンルを築き上げている。
作曲・編曲・サウンドプロデュースにも高い評価があり、レコーディングやライブともに各方面から常に絶大なる支持を受けている。
バンドやソロ活動、さらには新人の才能育成にも精力的で次世代からの注目度も高い。

第1週担当 米山 拓巳

yoneyama作曲、編曲、音楽プロデューサー

昭和54年、来生たかお、南佳孝らと共に制作したペギー葉山のアルバム「恋歌」がレコード大賞・企画賞を受賞。昭和55年音楽プロデユ−サーとして活動を始める。
ヴォーカルトレーナーとしても、小林麻美、中山美穂、田中律子などを担当。
シンコーミュージックから、「DTMのための音楽知識」や「みんなのためのビートルズでギターが弾きたい」などの書籍を出版。

第3週・第4週担当 KAB.

kab1999年10月テレビ東京の番組「ソングライトショー」に出演し、審査員・葉加瀬太郎に絶賛された楽曲「カレーライス」を発表後、2000年5月20日マクセルイーキューブよりメジャーデビュー、渋谷公会堂や渋谷AXにてワンマンライブを行い、自身のアルバム3枚を発売。
1st album「日吉」は10万枚を売り上げる。
2003年からアルバム「カナリヤ」、「未来」等発表し、日本全国でライブを中心に活動、2006
~2008年ギタリスト西川進氏、DJcool-k、深澤秀行らと共にツインボーカルユニット「イツカノ
オト」としても活動、同時にゲームのキャラクターソング、アニメ「伯爵と妖精」EDの歌詞提供、
JungleSmile高木いくの、Navy&Ivory下地正晃他多数のアーティストとのコラボ楽曲も製作して
いる。現在コンポーザーとして、自身の音楽活動と共に楽曲提供も精力的に行っている。
オリジナル楽曲は250曲以上。

楽曲、歌詞提供
松澤由美「哀しいよ」「人魚」「夕暮れ」、天方直実「雨のち晴れ」
はしもとひろし「アブラゼミ」「ごめんね…なんて」、下地正晃「悲しい雨の中で」
高木いくの「薫」、アニメ伯爵と妖精ED「my fairy」他

第1週担当 三神直

三神直
青山学院大学ブルーグラス・バンド「ブルーマウンテンボーイズ」でフラット・マンドリン&司会担当。卒業後テレビ局勤務。バラエティー、音楽番組などを担当。リタイア後は音楽、川柳、お酒の毎日。

第1週アシスタント 宮屋敷ゆう

宮屋敷ゆう音楽高校声楽科を卒業後、シンガーソングライターとして活動。
自主アルバムを2枚リリースし、iTunes配信や着うた配信、都内を中心にコンサートやライブ活動を行う。
2011年、クラウン徳間ミュージックよりミニアルバム「i+love」(アイプラスラブ)でメジャーデビュー。
MTV「アイ活!」のオープニングテーマや、小江戸川越マラソン特番挿入歌を収録。第一興商cyber DAMよりカラオケ配信中。
趣味:ゴルフ、登山、スキューバダイビング、キャンプ、アクセサリー作り

第3週・第4週アシスタント イーリア

ilia幼少期から作詞、作曲に興味を持ち、ピアニカ、バイオリン等で遊ぶ。
学生時代に、音楽の力に魅せられ、一生続けて行こうと決心し、ギター弾き語りシンガーソングライターとして活動。
2009年より、ピアノ弾き語りシンガーソングライターとして、宇宙や芸術と融合したアーティストスタイルを追求。
CDジャケット、ポスター等のデザインも手掛けている。
現在、ヒーリングミュージックアーティストとして、宇宙と地球を繋ぐような音楽を奏でている。

第2週 ブルーマウンテン・ボーイズ2(BMB)

BMBブルマン2はアメリカカントリーミュージックの中でブルーグラスと呼ばれるジャンルのバンド名。
1964年4月、青山学院大学「初代・ブルーマウンテンボーイズ」を引継ぎ2代目となる。
折からのフォークソングブームの中で、マイク眞木、小室等、森山良子らとともに64年~65年の学生カントリー&ウエスタン界で活躍。
一方、青学大県人会主催の各地方音楽会、広告研究会の富浦キャンプストア、TBSラジオ大学バンド合戦等・・・数々のステージを踏む。
卒業後50歳過ぎより時々に演奏のチャンスを作り、現在都内を中心に年3~4回のライブ活動。

第5週がある月は・・・

第5週目の日曜もしくは木曜がある月は、昭和ちゃぶだいミュージックの再放送、またはプロデューサーによる特番の放送を予定しています。
お知らせ→をご確認ください。